コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシオタケ(血潮茸) チシオタケ Mycena haematopus

1件 の用語解説(チシオタケ(血潮茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チシオタケ(血潮茸)
チシオタケ
Mycena haematopus

担子菌類マツタケ目キシメジ科。夏秋の頃,林下,庭先などの枯れ枝や切り株に叢生する。傘は径2~3.5cm,初め卵形のちに鐘形または円錐形となる。縁は歯牙状になることがある。やや褐色を帯びた紅色で傷をつけると暗血紅色の汁が出るのでこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チシオタケ(血潮茸)の関連キーワードイッポンシメジ(一本占地)カキシメジ(柿占地)ホンシメジマツタケ(松茸)香り松茸味湿地黄占地シメジシロタモギダケスギヒラタケ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone