コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシオタケ(血潮茸) チシオタケMycena haematopus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チシオタケ(血潮茸)
チシオタケ
Mycena haematopus

担子菌類マツタケ目キシメジ科。夏秋の頃,林下,庭先などの枯れ枝や切り株に叢生する。傘は径2~3.5cm,初め卵形のちに鐘形または円錐形となる。縁は歯牙状になることがある。やや褐色を帯びた紅色で傷をつけると暗血紅色の汁が出るのでこの名がある。柄は径2~3mmぐらいで長さ9~11cm,色は傘と同じで,やはり暗血紅色の汁が出る。胞子紋は白い。このキノコの生の子実体にはタケハリカビ (茸針黴) が寄生するので知られている。日本全土に産し,北アメリカヨーロッパオーストラリアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone