コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チスジノリ(血筋海苔) チスジノリThorea ramosissima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チスジノリ(血筋海苔)
チスジノリ
Thorea ramosissima

紅藻類ウミゾウメン目チスジノリ科の藻類。本種のほかに同属のもの数種が知られている。長さ 10~50cm,まれに 1m,太さ 0.25~0.3mmの紐状で,羽状に分枝する。藻体の表面に糸状毛が密生している。色は暗紫色で粘りけがあり,軟らかである。単胞子が形成される。日本では沖縄および鹿児島で小さな清流や井戸など淡水中に発見される。海苔にすいて食用にする地方 (大隅) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android