コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタケ

1件 の用語解説(チタケの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チタケ

ハラタケ目ベニタケ科のキノコ標準和名チチタケ(乳茸)。ブナ科の林に群生し、柄と傘は黄褐色~赤褐色。傷をつけると白い乳液が出るのが特徴。肉はゴム質でボソボソ。うどんやそばのだしとして好まれる。ちたけそばは07年、農水省の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた。

(2008-08-22 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタケの関連キーワード藍茸作り茸毒紅茸紅茸口紅茸カワラタケシメジタマゴタケチチタケハラタケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チタケの関連情報