コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チドメグサ(血止草) チドメグサHydrocotyle sibthorpioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チドメグサ(血止草)
チドメグサ
Hydrocotyle sibthorpioides

セリ科の小型常緑多年草。茎は細く地面をはい,各節からひげ根を出して固着する。葉は互生し,長さ2~3cmの柄が上向きに伸びる。葉は径 1cm前後の円形で縁は浅く裂け,柄のつく部分は心臓形をなす。葉面には明るい光沢がある。夏から秋に,葉腋から細い花序を1本ずつ出し,先端に小さな花を数個散形に集めてつける。個々の花は径 1mmほどで白色の5弁花,ときに緑紫色を帯びることもある。この葉を傷口に貼ると止血の効果があるという。なお,同属の植物にノチドメ H. maritima,オオチドメ H. ramifloraなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チドメグサ【チドメグサ(血止草) Hydrocotyle sibthorpioides Lam.】

庭に生える小型のセリ科の多年草(イラスト)。葉をもんで傷口にはれば止血の効果があるといわれ,血止草の名がある。茎はごく細くて地表をはい,節から根を出す。葉はほぼ円形で直径1~1.5cm,ごく浅く5裂し,表面は光沢があって冬も枯れない。初夏から秋にかけて葉腋(ようえき)から短い柄のある,小さい散形花序を出し,緑白色の微細な花を数個つける。花は短い柄があり,花弁は5枚,おしべは5本,子房は下位で,花の中央に2本の柱頭がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チドメグサ(血止草)の関連キーワードオオチドメ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android