コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チドリノキ(千鳥の木) チドリノキAcer carpinifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チドリノキ(千鳥の木)
チドリノキ
Acer carpinifolium

カエデ科の落葉高木で,北海道を除く各地の山地に生じる。カエデ属ではあるが,葉が掌状に裂けることなく,一見シデやヤシャブシなどに似た単純な長楕円形で,長さ 10cm前後,20対ほどの側脈が目立ち,縁には鋸歯が整然と並ぶ。雌雄異株で,花は長めの総状花序をつくり,径 1cmほどの黄緑色5弁で,雄花には8本のおしべがある。カエデ属の特徴として果実は2枚の羽のある翼果となり,翼と翼の角度はほぼ直角をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チドリノキ(千鳥の木)の関連キーワードカエデ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android