チノー族(基諾族)(読み)チノーぞく(英語表記)Jī nuò zú

世界大百科事典 第2版の解説

チノーぞく【チノー族(基諾族) Jī nuò zú】

1979年に公認された中国少数民族の一つ。漢籍上には攸楽(ゆうらく)と記されたが,チノーは自称である。人口約1万8000(1990)。雲南省シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州景洪県の基諾洛克(基諾山)に聚居する。陸稲水稲トウモロコシを主要作物とする農耕に従事している。基諾山は普洱茶の六大茶山の一つでもある。昔,諸葛亮(孔明)は,雲南に南征した際につき従った戦士に茶の種を与えた。そしてその地にとどまって茶を植えた戦士たちが,今日のチノー族の祖先であるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android