コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チノー族(基諾族) チノーぞくJī nuò zú

世界大百科事典 第2版の解説

チノーぞく【チノー族(基諾族) Jī nuò zú】

1979年に公認された中国少数民族の一つ。漢籍上には攸楽(ゆうらく)と記されたが,チノーは自称である。人口約1万8000(1990)。雲南省シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州景洪県の基諾洛克(基諾山)に聚居する。陸稲,水稲,トウモロコシを主要作物とする農耕に従事している。基諾山は普洱茶の六大茶山の一つでもある。昔,諸葛亮(孔明)は,雲南に南征した際につき従った戦士に茶の種を与えた。そしてその地にとどまって茶を植えた戦士たちが,今日のチノー族の祖先であるという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チノー族(基諾族)の関連キーワード近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーキリバスシーゲル立松和平土田ヒロミ富岡多恵子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android