コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チノー族(基諾族) チノーぞく Jī nuò zú

1件 の用語解説(チノー族(基諾族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チノーぞく【チノー族(基諾族) Jī nuò zú】

1979年に公認された中国少数民族の一つ。漢籍上には攸楽(ゆうらく)と記されたが,チノーは自称である。人口約1万8000(1990)。雲南省シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州景洪県の基諾洛克(基諾山)に聚居する。陸稲,水稲,トウモロコシを主要作物とする農耕に従事している。基諾山は普洱茶の六大茶山の一つでもある。昔,諸葛亮(孔明)は,雲南に南征した際につき従った戦士に茶の種を与えた。そしてその地にとどまって茶を植えた戦士たちが,今日のチノー族の祖先であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チノー族(基諾族)の関連キーワードウイグル語満州族民族解放運動少数民族椎髻彝族チワン族ミャオ族ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone