コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウラパンチャーシカー Caurapañcāśikā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウラパンチャーシカー
Caurapañcāśikā

11世紀頃のインドの詩人ビルハナのサンスクリット恋愛抒情詩。題名は「盗まれた恋の 50頌」の意。パンチャーラ国の王女の家庭教師となったビルハナが,ひそかに王女と恋を語り,王に知られ死刑を宣告され,処刑を前にして恋の思い出を歌った 50頌の詩。王はこの詩に感激して王女との結婚を許したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android