コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウラパンチャーシカー チャウラパンチャーシカー Caurapañcāśikā

1件 の用語解説(チャウラパンチャーシカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウラパンチャーシカー
チャウラパンチャーシカー
Caurapañcāśikā

11世紀頃のインドの詩人ビルハナサンスクリット恋愛抒情詩。題名は「盗まれた恋の 50頌」の意。パンチャーラ国の王女の家庭教師となったビルハナが,ひそかに王女と恋を語り,王に知られ死刑を宣告され,処刑を前にして恋の思い出を歌った 50頌の詩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャウラパンチャーシカーの関連キーワードカルハナジャヤデーバソーマデーバビルハナカオレ人生の讚歌ハナの差花はなの里花の里花の窟

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone