チャドクガ(茶毒蛾)(読み)チャドクガ(英語表記)Euproctis pseudoconspersa

世界大百科事典 第2版の解説

チャドクガ【チャドクガ(茶毒蛾) Euproctis pseudoconspersa】

鱗翅目ドクガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張2~3cm。触角雌雄とも羽毛状。翅は橙黄色,前翅外縁の上方に1~2個の黒紋があり,基部から約1/3と2/3あたりに淡色の細い帯がある。成虫は7月と10月の2回発生し,よく灯火に飛来する。第1化の雄は,翅の周辺部や頭部以外の部分が黒褐色のことが多く,また雌は雄より大きく淡色である。本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布する。幼虫はチャの害虫として有名で,ツバキサザンカなど他のツバキ科の葉も食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android