チャドクガ(茶毒蛾)(読み)チャドクガ(英語表記)Euproctis pseudoconspersa

  • チャドクガ(茶毒蛾) Euproctis pseudoconspersa

世界大百科事典 第2版の解説

目ドクガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張2~3cm。触角雌雄とも羽毛状。翅は橙黄色,前翅外縁の上方に1~2個の黒紋があり,基部から約1/3と2/3あたりに淡色の細い帯がある。成虫は7月と10月の2回発生し,よく灯火に飛来する。第1化のは,翅の周辺部や頭部以外の部分が黒褐色のことが多く,または雄より大きく淡色である。本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布する。幼虫チャ害虫として有名で,ツバキ,サザンカなど他のツバキ科の葉も食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android