コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャハル(察哈爾)部 チャハルぶCh`ahaêrh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャハル(察哈爾)部
チャハルぶ
Ch`ahaêrh

中国の明代半ばから民国時代まで,モンゴル東部の一角を占めた部名。 16世紀初めダヤン・ハン (達延汗) の6トゥメン (万戸) の一つとして成立,以後その嫡統に伝えられた。初め現在の内モンゴル自治区シリンゴル (錫林郭勒) 盟の地にあったが,のち同族のアルタン (俺答) の圧迫を受けて興安嶺の東に移動。さらに 1634年リンダン (林丹) が清朝との争いで敗死するに及び一時滅びた。その後,清朝はリンダンの子エルケ・ホンゴル・エジェイによってチャハル部を再興させたが,1674年呉三桂の反乱に乗じエジェイの弟ブルニが乱を企てて失敗。ついに清朝はチャハル部を解体して直轄とし,8旗に編成,大同,宣化辺外に移した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャハル(察哈爾)部の関連キーワードホーチット(浩斉特)部リンダン(林丹)帰化城興安嶺後金

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android