コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャビン Tra Vinh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャビン
Tra Vinh

別称フービン Phu-vinh。ベトナム南部,チャビン省省都ホーチミン市南南西約 100km,メコン川デルタにある。米作地帯の商業中心地で,ホーチミン市と道路で結ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チャ‐ビン(Tra Vinh)

ベトナム南部、チャビン省の都市。同省の省都。ホーチミンの南南西約100キロメートル、メコンデルタに位置する。米の生産が盛ん。クメール人が多く居住し、クメール様式の寺院の遺跡が点在する。チャービン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

チャビンの関連キーワードカパック・ニャン アンデスの道チャビン・デ・ワンタル遺跡ペルー日本大使公邸人質事件アメリカ・インディアンチャビン・デ・ワンタルチャビン〈古代遺跡〉プレ・コロンビア美術フリオ・C. テーヨアルベルト フジモリチャビンデワンタルアメリカ形成期文化ソン・ゴク・タンティアワナコ文化トラティルコ遺跡グエン・カーン屍鬼二十五話道(way)オルメカ文化チャビン文化ライモンディ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャビンの関連情報