チャレンジ2020

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チャレンジ2020

20年東京五輪・パラリンピックを盛り上げようと、2020日連続で誰かが42・195キロを走る企画。NPO法人「HERITAGE」(事務局・さいたま市)が主催し、15年1月2日から始まった。別所沼公園の1周923メートルのコースを周回、1人で走っても複数でリレーしてもいい。これまで延べ4500人以上が参加した。「ゴール」予定は東京五輪の競技が始まる9日前の20年7月13日。

(2017-10-08 朝日新聞 朝刊 埼玉・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャレンジ2020の関連情報