コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャワンタケ類 チャワンタケるいcup fungi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャワンタケ類
チャワンタケるい
cup fungi

広義には子嚢菌類の盤菌類にあてることもあるが,特にチャワンタケ目チャワンタケ科のキノコ類をさす。この名の起りは子実体の形が浅い碗状ないし皿状であることによる。ときとして柄をもつものもある。最もよくみられる種で小型のものにはアラゲコベニチャワンタケ (径 0.5~1.2mm) ,コスズメノワン (径3~10mm) ,大型のものはベニチャワンタケ (径1~5cm) ,オオチャワンタケ (径3~5cm) などがある。子実体の内底面には子実層ができ円筒形または棍棒形で有蓋の子嚢を多数生じ,中に普通8個ずつの子嚢胞子ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャワンタケ類の関連キーワード子嚢果裸子器

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android