コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンジン(長津)江 チャンジンこうChangjin-gang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンジン(長津)江
チャンジンこう
Changjin-gang

北朝鮮のチャガン (慈江) 道とリャンガン (両江) 道を流れる川。アムロク (鴨緑) 江の支流。全長 261km。ランリム (狼林) 山脈の東斜面から流出し,ケマ (蓋馬) 高原を北流する。ランリム湖を経,プジョン (赴戦) 江を合せたのち,シンパ (新坡) の下流でアムロク江に注ぐ。上流域には人造のチャンジン湖とプジョン湖があり,いずれも流路変更方式による水力発電に利用されて,ハムフン (咸興) 市などの工業に大きな役割を果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャンジン(長津)江の関連キーワードハムギョンナム(咸鏡南)道アムロク(鴨緑)江ハムフン(咸興)市ケマ(蓋馬)高原

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android