コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンチョウ(漳州)特別市 チャンチョウZhangzhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンチョウ(漳州)〔特別市〕
チャンチョウ
Zhangzhou

中国華東地方,フーチエン (福建) 省南東部にある商工業都市。市区と9県から成る。チウロン (九竜) 江と支流のシー (西) 渓の形成したチャンチョウ平原の中心地として開けた。中心市街地はシー渓にのぞむが,宋代以後,チウロン江下流のシーマー (石碼) 鎮を外港として貿易が行われた。明・清代には 漳州府治。アヘン戦争後,貿易港の機能はシヤメン (厦門) に移ったが,現在も省南部の物資流通の中心地である。工業化が進み,火力発電所のほか,電機,機械,麻紡績,織布,製紙,製糖,食品,プラスチック,農薬,医薬品,化学肥料など多くの工場がある。チャンチョウ製糖工場はオートメーション化が進んでおり,缶詰工場も量産の設備をもつ。近郊では果樹と花卉の栽培が盛んで「花果城」 (花と果物の町) と呼ばれる。リュウガン,レイシ,バナナ,パイナップル,柑橘類,ザボン,モモ,オリーブなどがある。またユワンシャン (円山) を中心に大量のスイセンが栽培されており,花に手を加えてカニ,金魚,鳥獣などに似た形にして東南アジアに輸出している。インシヤ (鷹厦) 鉄道の支線が通じている。人口 414万 1145,うち市区人口 34万 6713 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャンチョウ(漳州)特別市の関連キーワードトンシャン(東山)島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android