コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンチン(香椿) チャンチンCedrela sinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンチン(香椿)
チャンチン
Cedrela sinensis

センダン科の落葉高木。中国原産で古くから日本に伝えられ,各地の人家の庭で栽培されている。幹は高さ 20mに達し,葉は大型の奇数羽状複葉で全体の長さは 40cm前後,小葉は長さ 10cmほどの細い卵形をしている。中国では若葉食用にする。材の木目が美しいので家具や工芸材として広く利用され,アメリカでは葉巻たばこの箱にされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャンチン(香椿)の関連キーワードセンダン科

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android