コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンディーダース Candīdās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンディーダース
Candīdās

インド,ベンガル語の詩人。 14世紀末~15世紀初頭在世。彼の詩はベンガル地方に流行したタントラ仏教の一派サハジヤーの教義を反映しており,恋愛に神秘的,宗教的意義があることを認め,そのなかに解脱の道があるとうたっている。元来ヒンドゥー教シャクティ派の人であったが,クリシュナ神とその愛人ラーダーとの恋愛を主題とした詩に佳作が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android