コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラグプタ[1世] チャンドラグプタ

2件 の用語解説(チャンドラグプタ[1世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チャンドラグプタ[1世]【チャンドラグプタ】

インドのグプタ朝の創始者。生没年不詳。在位320年―335年ごろ。クシャーナ朝の勢力衰退の後,ビハール地方で台頭,ガンガー中流域の覇権を握った。北インドの統一はその子サムドラグプタにゆだねられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドラグプタ[1世]【Chandragupta I】

インド,グプタ朝の創始者。在位320ころ‐335年ころ。生没年不詳。マガダ地方の一小君主から身を興し,マハーラージャーディラージャMahārājādhirāja(諸王中の大王)と称してパータリプトラを首都に定め,今日のアラーハーバードあたりまで勢力を伸張した。ブッダ時代の名家リッチャビ家の娘クマーラデービーとの結婚は政治権力増大にあずかって力があったとされ,王朝の金貨に王と王妃の像が印されている。320年をもって始まるグプタ暦も王の即位を記念してつくられたと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のチャンドラグプタ[1世]の言及

【グプタ朝】より

…クシャーナ朝滅亡後の北インドの分裂状態のなかで,マガダ地方の小地域の支配者から興起した。
【歴史】
 初代チャンドラグプタ1世は,マウリヤ朝の創始者と同じ名をもち,同じくパータリプトラ(現,パトナ)に都し,バイシャーリーVaiśālīの名族リッチャビ族の娘と結婚して,その威信を高めて,ビハールとウッタル・プラデーシュの諸国を征略して,ガンガー(ガンジス川)中流域の覇権を握った。319∥320年にあたる〈グプタ紀元〉元年は,王が即位した年であろう。…

※「チャンドラグプタ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンドラグプタ[1世]の関連キーワードアイバクグプタ朝サラディンチャンドラグプタ趙匡胤サルゴン武王ナグプル創始者の原理阿嘉犬子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone