コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャン族(羌族) チャンぞく Qiāng zú

1件 の用語解説(チャン族(羌族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンぞく【チャン族(羌族) Qiāng zú】

古代より中国の西部・北西部(青海,甘粛)に広く居住した北方系の遊牧民族。歴史上,(てい)と密接な関係をもつ。羌(きよう)という文字は,すでに殷代の甲骨文にもあらわれており,一説によると殷王をはじめ殷人の祭祀(とくに祖先祭祀)において犠牲とされたという。羌(古音Kiang)は羊と人の会意文字で牧羊の人の意であり,その音は羊の古音giangに関連したものと考えられている。実際,チャン族は羊を最も神聖視し,それを主要家畜としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャン族(羌族)の関連キーワード河西西涼寧夏回族自治区嘉峪関酒泉西部タングートトルサットチェキルゲ青海チベット(青蔵)高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone