チャン族(羌族)(読み)チャンぞく(英語表記)Qiāng zú

世界大百科事典 第2版の解説

チャンぞく【チャン族(羌族) Qiāng zú】

古代より中国の西部・北西部(青海甘粛)に広く居住した北方系の遊牧民族。歴史上,(てい)と密接な関係をもつ。羌(きよう)という文字は,すでに代の甲骨文にもあらわれており,一説によると殷王をはじめ殷人の祭祀(とくに祖先祭祀)において犠牲とされたという。羌(古音Kiang)は羊と人の会意文字牧羊の人の意であり,その音は羊の古音giangに関連したものと考えられている。実際,チャン族は羊を最も神聖視し,それを主要家畜としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android