コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャン族

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チャン族

漢字では「羌族」。3千年前の殷代の甲骨文字の史料に記載がある。11~13世紀に中国北西部に西夏王朝を打ち立てたタングートと同系統。3千~4千年前に一部の支族が青海省周辺から移った子孫とみられ、主に山間部で農業を営む。宗教は自然崇拝やチベット仏教などで、古来天文学や医学が発達した。独特の笛や民謡などが有名。00年の政府統計で、人口は約30万6千人で56民族中27番目。

(2008-06-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

チャン族の関連キーワードアパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州デホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族自治州九寨溝の渓谷の景観と歴史地域パオシャン(保山)地区スーチョワン(四川)省アチャン族(阿昌族)シナ・チベット系諸族黄龍の景観と歴史地域チャン族(羌族)チャン(羌)族メーホンソン四川(省)スバン族臨夏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャン族の関連情報