チャン・チョン・キム(英語表記)Tran Trong Kim

世界大百科事典 第2版の解説

チャン・チョン・キム【Tran Trong Kim】

1883‐1953
ベトナムの教育者歴史家,政治家。漢字名は陳重金。1910年代より42年までハノイの高校教員,北部視学官,小学校校長などを務める一方,《越南史略》《儒教》など,ベトナム史・文化研究の著作を続けた。45年3月,日本軍の三・九クーデタによりフランス権力が崩壊すると,バオダイ(保大)帝の依頼により,4月7日,独立ベトナム政府首相となった。紙幣発行権の獲得,自衛軍の設置,コーチシナの回復などに努力したが,日本軍の監督下に具体的な行政権を執行することができないまま,45年の八月革命によって8月25日に辞任し,政界から消えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android