コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャン・チョン・キム Tran Trong Kim

世界大百科事典 第2版の解説

チャン・チョン・キム【Tran Trong Kim】

1883‐1953
ベトナムの教育者,歴史家,政治家。漢字名は陳重金。1910年代より42年までハノイの高校教員,北部視学官,小学校校長などを務める一方,《越南史略》《儒教》など,ベトナム史・文化研究の著作を続けた。45年3月,日本軍の三・九クーデタによりフランス権力が崩壊すると,バオダイ(保大)帝の依頼により,4月7日,独立ベトナム政府首相となった。紙幣発行権の獲得,自衛軍の設置,コーチシナの回復などに努力したが,日本軍の監督下に具体的な行政権を執行することができないまま,45年の八月革命によって8月25日に辞任し,政界から消えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャン・チョン・キムの関連キーワード単層日本自由党原子力産業アルマン条約電気事業東欧演劇砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型内灘事件

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone