コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャールズ カオ Charles Kuen Kao

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ カオ
Charles Kuen Kao


1933 -
電気工学者。
上海生まれ。
1960年から’70年まで、イギリスのスタンダード・テレコミュニケーション・ラボラトリー社に勤める。’66年、ホッカムとの連名で論文を発表し、グラスファイバーによる光通信実用化の基礎を築く。グラスファイバー中の光伝播損失が1000dB/km以上あった’60年代に、伝播損失20dB/kmのファイバーが可能であることを予言する。この予言は、’70年代に入って実現する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

チャールズ カオ
Charles Kao


国籍
米国

専門
電気工学者

肩書
ITXサービス会長・CEO;香港中文大学副学長

旧名・旧姓
Kao/Kuen

生年月日
1933/11/4

出生地
中国・上海

学歴
ロンドン大学〔1957年〕卒

学位
Ph.D.(ロンドン大学)

経歴
1957年英国のスタンダード通信・ケーブルに入社。同社主任研究員を経て、’70〜74年香港中文大学電子工学部教授。’74〜81年ITT(バージニア州)電子光学製品部門主任研究員・技師長、’81〜88年同副社長。’87〜96年香港中文大学副学長。’96年〜2001年トランステック・サービス会長・CEO(最高経営責任者)。2000〜2004年ITXサービス会長・CEO。この間、光ファイバーに低損失で広帯域な情報伝達の可能性があることを予見、基礎的実証を行い、光ファイバー通信開拓に貢献。その業績により2009年ウィラード・ボイル博士、ジョージ・スミス博士とともにノーベル物理学賞を受賞。米国籍と英国籍を持つ。

受賞
ノーベル物理学賞〔2009年〕 CBE勲章〔1993年〕 IEEEアレクサンダー・グラハム・ベル・メダル〔1985年〕;IEEEファラデイ・メダル〔1989年〕;日本国際賞(情報・コンピュータ・通信システム分野,第12回)〔1996年〕「広帯域・低損失光ファイバー通信の先道的研究」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

チャールズ カオの関連キーワードジョージ スミス国際光年ドミニカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android