チャールズ(皇太子)(読み)ちゃーるず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャールズ(皇太子)
ちゃーるず
The Prince Charles
(1948― )

イギリス皇太子。11月14日生まれ。イギリス女王エリザベス2世の長男で、王位継承権第1位。父はエジンバラ公フィリップ。1958年7月に「プリンス・オブ・ウェールズ」の称号を与えられる。ケンブリッジ大学卒業後、71年から76年まで海軍で軍務に従事。81年7月に、スペンサー伯爵家の令嬢ダイアナと結婚。翌年、長男ウィリアム、84年に次男ヘンリーが生まれる。

 しかし、結婚前からの知人の女性カミラ・パーカー・ボウルズとの交際が妻ダイアナの不信を招き、夫婦仲が悪化した。1992年ダイアナと別居、96年8月にはついに離婚した。97年のダイアナの事故死以後、カミラとの関係は公然化し、2005年4月に正式に結婚した。妻となったカミラは、皇太子妃ではなく、コーンウォール公妃と称することになった。ダイアナをめぐるスキャンダルの後遺症で、国民の人気はいまひとつ。「望ましい次期国王」の世論調査では、長男ウィリアム王子の支持率をいつも下回っている。

[土生修一]

『ジョナサン・ディンブルビ著、仙名紀訳『チャールズ皇太子の人生修業』上下(1995・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャールズ(皇太子)の言及

【エリザベス[2世]】より

…国民の王室に対する期待が,大英帝国の頃とは著しく変化してきている現在,女王はイギリスおよびイギリス連邦の首長として,忠実にその象徴的任務に従い,国事に参加してスピーチを行うほか,世界各国を親善訪問し,75年には公式に日本を訪れている。夫君との間にはチャールズ,アンドルー,エドワードの3王子とアン王女がある。長男の皇太子チャールズCharles Philip Arthur George(1948‐ )は,81年ダイアナ妃と結婚し,77年の女王即位25周年祝典に続いて,国民の祝福を受けた(96年離婚,97年ダイアナ事故死)。…

※「チャールズ(皇太子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報