コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャールナ Chālna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャールナ
Chālna

バングラデシュ南西部,クルナ州の港町。クルナ南方約 25km,プスル川にのぞむ。古くから重要な河港であったが,1960年代から政府がチッタゴン港に次ぐ第2の貿易港として整備,5000t程度の船舶が接岸可能な貿易港となった。港湾の整備に伴い,造船所,発電所,製紙工場などの開発も行われ,クルナとともに西部の経済中心地をなす。主要輸出品はジュート,輸入品は機械類,穀物,塩,石炭など。人口1万 9304 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android