コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヤオチー(焦枝)鉄道 チヤオチーてつどう Jiaozhi xian

1件 の用語解説(チヤオチー(焦枝)鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヤオチー(焦枝)鉄道
チヤオチーてつどう
Jiaozhi xian

中国中部,ホーナン (河南) 省北西部のチヤオツオ (焦作) 市と,フーペイ (湖北) 省のチャン (長) 江南岸にあるチーチョン (枝城) を結ぶ鉄道路線。全長 753km。 1970年開通。チーチョンから南のコワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区のリウチョウ (柳州) 市にいたるチーリウ (枝柳) 鉄道が 78年に開通し,チヤオツオ市から北のシャンシー (山西) 省タイユワン (太原) 市にいたるタイチヤオ (太焦) 鉄道も 80年に完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チヤオチー(焦枝)鉄道の関連キーワード海南河南九州大別山脈博愛三河マルチアーナ・マリーナ南平河南〈町〉窰洞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone