チュアダンガ(英語表記)Chuadanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュアダンガ
Chuadanga

バングラデシュ南西部,クルナ州の町。クシュティア南西約 40km,インド国境より 15kmに位置。ダルサナで国境を越え,インドのコルカタ (カルカッタ) にいたる鉄道の主要駅があり,東西ベンガル地方の交易中継地として発展。 1971年のバングラデシュ独立戦争時は解放軍の活動中心地となった。ジュート,米,サトウキビなど農産物の集散地。人口5万 9232 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android