コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュアン・リークパイ チュアン・リークパイChuan Leekpai

2件 の用語解説(チュアン・リークパイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュアン・リークパイ
チュアン・リークパイ
Chuan Leekpai

[生]1938.7.28. ムアン
タイの政治家。首相(在任 1992~95,1997~2001)。教員の家庭に育ち,タマサート大学を卒業して弁護士となる。1969年下院議員に初当選,閣僚を歴任したあと,1991年民主党党首に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

現代外国人名録2012の解説

チュアン・リークパイ
チュアンリークパイ
Chuan Leekpai


国籍
タイ

専門
政治家

肩書
タイ首相;タイ民主党党首

資格
弁護士

別名
中国名=呂/基文

生年月日
1938/7/28

出生地
トラン県トラン

学歴
タマサート大学法学部卒

経歴
家が貧しかったためバンコクで寺に寄宿しながら絵画・彫刻学校に通い、名門タマサート大学法学部卒業後、弁護士になる。1969年総選挙にトラン県からタイ民主党候補として当選して以来、連続8回当選。この間’76年に第2次セニ内閣の司法相を務めたのを皮切りに、首相府相、’80〜86年のプレム政権時代には法相、商務相、農業・組合相、教育相を歴任し、’86〜88年下院議長、’89〜90年チャチャイ政権の副首相を務め、’91年のクーデターで下野。民主党副党首を経て、’91年1月から党首。’92年5月の民主化運動への流血事件では、道義党指導者チャムロンとは一線を画し、議会内で軍政批判を続けた。同年9月の総選挙で第1党となり、連立内閣の首相に就任。’95年7月の総選挙で敗北し、首相辞任。’97年11月チャワリット首相辞任で首相復帰。国防相兼任。’98年10月野党第2党の国家開発党を加え、内閣改造。2001年1月の総選挙で大敗し退任。2003年4月党首辞任。国会議員になってからも母親がトランの市場で野菜売りを続けるなど庶民的な面も有名。1994年来日。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
現代外国人名録2012について | 情報

チュアン・リークパイの関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone