コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュオン・チン Truong Chinh

世界大百科事典 第2版の解説

チュオン・チン【Truong Chinh】

1907‐88
ベトナム政治家。1981年以来,国家評議会議長(元首)。本名ダン・スアン・クーDang Xuan Khu。ベトナム北部のナムディン省に生まれ,1928年ころから抗仏運動に加わった。30年香港でベトナム共産党が創立された後,その国内組織に入党し,33年に逮捕されたが,36年フランス本国に人民戦線が成立して釈放されると党の公開代表となった。39年党の非合法化で中国雲南省に脱出,ホー・チ・ミンの側近として活躍し,中国共産党に対する親近感から政治家としての名を〈長征〉の字音チュオン・チンに改めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチュオン・チンの言及

【ベトナム】より

…第1次インドシナ戦争の始まりである。フランス軍は当初平野部の制圧に成功したが,チュオン・チンの人民戦線戦術によって,戦線は膠着化し,バオダイ・ベトナム国の擁立やアメリカの大量の軍事援助にもかかわらず,54年ディエンビエンフーに大敗して,撤退に追い込まれた。同年のジュネーブ会議により,ベトナムは北緯17度線を境に北を民主共和国,南をバオダイ・ベトナム国の統治にゆだね,3年後に統一選挙が施行されることになった。…

※「チュオン・チン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チュオン・チンの関連キーワードチャン・ドク・ルオンベトナム民主共和国ファン・バン・ドンチュオン・チン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android