コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュニジアの夜

デジタル大辞泉プラスの解説

チュニジアの夜

ジャズのスタンダード曲。作曲:ディジー・ガレスピー。原題《A Night In Tunisia》。1942年に作曲され、アール・ハインズ楽団が初演、のちにエラ・フィッツジェラルドが自ら歌詞を付けて歌った。その後マンハッタン・トランスファーらがカバーしている。「Interlude」というタイトルの異なる歌詞のバージョンもあり、サラ・ヴォーンが歌っている。

チュニジアの夜

ジャズ・コンボ、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの1960年録音のジャズアルバム。ブルーノート・レーベル。絶頂期のジャズ・メッセンジャーズを演奏を記録した代表作のひとつ。原題《A NIGHT IN TUNISIA》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

チュニジアの夜の関連キーワードディジー ガレスピーニール ジョーダンガレスピー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チュニジアの夜の関連情報