チュンチョン(春川)市(読み)チュンチョン(英語表記)Ch'unch'ǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュンチョン(春川)〔市〕
チュンチョン
Ch'unch'ǒn

韓国,カンウォン (江原) 道の西部にある市。道庁所在地。 1949年市制。テベク (太白) 山脈の西麓に開けたチュンチョン盆地の中心地で,プクハン (北漢) 江とソヤン (昭陽) 江との合流点にある。小集落にすぎなかったが,10年ウォンジュ (原州) から道庁が移転。休戦ラインを控えた軍事の要地でもある。上流にファチョン (華川) ダム,ソヤン江ダムがあり,その電力を利用した化学,繊維などの工業が盛んである。周辺には人造湖,トゥンソン (登仙) 滝などの観光地があり,ソウル市民の避暑地として知られる。キョンチュン (京春) 鉄道でソウルと結ばれる。面積 53km2。人口 17万 4153 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android