コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブ・ベル チューブベル

百科事典マイペディアの解説

チューブ・ベル

金属製の体鳴楽器。より正しくはチューブラー・ベルズチャイムともいう。普通18本ないし22本のチューブ(管)が枠につりさげられ,ハンマーで打って音を出す。教会の鐘の音を模した響きからこの名が付いた。19世紀後半に誕生し,管弦楽曲やオペラにしばしば用いられる。チャイコフスキーの《1812年序曲》のフィナーレはその響きを巧みに生かした用例として有名。→打楽器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android