コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリップチェア tulip chair

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

チューリップチェア【tulip chair】

フィンランドに生まれ、アメリカで活躍した建築家、エーロ・サーリネンが、1956年にデザインした椅子(いす)。1本脚で曲線を描く形状がチューリップの花に似る。一体化した背もたれと座面はガラス繊維強化プラスチック製で、革または布地のクッションが付く。◇「ペデスタルチェア」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android