コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリップチェア tulip chair

1件 の用語解説(チューリップチェアの意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

チューリップチェア【tulip chair】

フィンランドに生まれ、アメリカで活躍した建築家、エーロ・サーリネンが、1956年にデザインした椅子(いす)。1本脚で曲線を描く形状がチューリップの花に似る。一体化した背もたれと座面はガラス繊維強化プラスチック製で、革または布地のクッションが付く。◇「ペデスタルチェア」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューリップチェアの関連キーワード北アメリカフィン人フィンランディアアメリカ地中海ビンラディンフィンランド・サンタクロースマラソンフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバスゴドフスキー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チューリップチェアの関連情報