コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジタデ(丁子蓼) チョウジタデJussiaea prostrata; false loosestrife

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウジタデ(丁子蓼)
チョウジタデ
Jussiaea prostrata; false loosestrife

アカバナ科の一年草旧大陸の熱帯,亜熱帯に広い分布をもち,日本では北海道を除く各地の水田湿地に普通にみられる。茎は緑色でしばしば紅色を帯び直立する。葉は披針形で短い柄があって互生する。夏から秋にかけて,葉腋に黄色の花をつける。花弁萼片とも4枚で,おしべも4本,めしべは1本である。果実は4~5室に分れた 蒴果で,熟すると果皮が裂けて種子を露出する。和名は葉の形がタデの類に,花が香料にするチョウジに似ていることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョウジタデ(丁子蓼)の関連キーワードアカバナ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android