コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子) チョウセンゴミシSchisandra chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)
チョウセンゴミシ
Schisandra chinensis

マツブサ科の落葉つる性の樹木。本州中部以北や北海道の山地に自生し,アジア東部に広く分布する。茎は多数分枝し,つるは右巻き倒卵形ないし卵形の膜質で,葉柄の赤い葉が短枝上に集ってつき,長枝上にはまばらにつく。初夏に,黄白色で広鐘形の香気のある花を1個ずつ葉腋に下垂する。果実は紅色から暗紅色の液果で秋に美しく熟し,同一房内に未熟または発育不全のものが混る。果実は強壮剤とされる。熟した果実の汁液に花と果肉を刻み込み蜂蜜で練合せたものを,朝鮮では花菜と呼んで間食にする。赤く熟した果実を観賞するため,庭木や鉢物としても栽培される。和名は江戸時代に朝鮮から伝えられたことによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)の関連キーワードマツブサ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android