コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョローラピテクス・アビシニクス ちょろーらぴてくすあびしにくす Cholorapithecus abyssinicus

1件 の用語解説(チョローラピテクス・アビシニクスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

チョローラピテクス・アビシニクス

東京大学の諏訪元、国立科学博物館の河野礼子らによって、2006年にエチオピアで発見され07年にネイチャー誌に発表された約1000万年前の新属新種の化石類人猿。発見されたのは3〜6個体に属する9本の歯の化石だが、咬頭(こうとう)が鋭くエナメル質が厚いので、堅い繊維質の食物を食べていたことが分かり、さらに形態的類似からゴリラの祖先の可能性が高いと見なされる。これまで現生アフリカ類人猿の起源はユーラシアではないかとの説が有力だったが、この発見によりアフリカ起源説が有力になった。チョローラは近くの村の名であり、発見された堆積層の名称でもある。アビシニアはエチオピアの昔の名称。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョローラピテクス・アビシニクスの関連キーワード科学博物館国立科学博物館国立民族学博物館文部省国立博物館上野公園科博国立科学博物館付属自然教育園国立自然教育園国立文化財機構

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone