コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンミン(崇明)島 チョンミンとうChongming dao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンミン(崇明)島
チョンミンとう
Chongming dao

中国東部,チャン (長) 江の河口にある島。面積 1083km2。行政上はシャンハイ (上海) 直轄市に属するチョンミン県である。チャン江河口には 7世紀末に三つの砂州が形成された記録があり,のち合体して,16世紀末にほぼ今日の規模となった。チャン江の主流が島の南側を流れているため,南岸は絶えず崩れ,北岸と東西両岸は急速に伸張している。7世紀に居住が始まって漁業と製塩が営まれた。中華人民共和国成立後,周囲に防潮堤がめぐらされ,灌漑水路網の建設や荒れ地の開拓が行なわれ,安定した農業地域となった。東部はワタ,西部は水稲が主作物で,そのほかスイカ,ビワ,スイミツトウなどの果物,スイセンなどの花卉を栽培している。沿岸では漁業が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョンミン(崇明)島の関連キーワードチャン(長)江

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android