コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チランド遺跡 チランドいせきChirand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チランド遺跡
チランドいせき
Chirand

インド,ビハール州サラン地方の先史遺跡。 1962年から B.P.シンハらが調査。最下層のI期は前 2000年頃の新石器時代に比定され,細石器磨製石斧などがあり,II期になると銅器が現れ,白彩赤色黒縁土器を伴い,米,麦の痕跡がある。末頃には鉄器も出現する。 III期は鉄器時代で NBP土器,銅貨を伴い,石斧も残存する。焼成煉瓦の建物が現れ,テラコッタ製の仮面も発見されている。 IV期には仏教寺院址などがあり,年代も紀元前後に比定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android