コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリの鉱山落盤事故

1件 の用語解説(チリの鉱山落盤事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チリの鉱山落盤事故

チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山で昨年8月5日、落盤事故が発生し、地下約700メートルに33人の作業員が閉じこめられた。生存は絶望視されていたが、17日後の22日、探査用ドリルの先に「33人は無事」と書かれた紙片が結びつけられ、わずかな食料を分け合いながら生き延びていたことが判明。10月13日、救出用カプセルフェニックス(不死鳥)」で全員が引き上げられ、奇跡の生還を果たした。

(2011-10-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チリの鉱山落盤事故の関連キーワード鉱山保安法サンホセチリ硝石ピアノ三重奏遠近補正リーズンホワイコピーのじりこぴあサンホセ鉱山落盤チリ鉱山落盤事故

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チリの鉱山落盤事故の関連情報