コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリメンタケ(縮緬茸) チリメンタケTrametes palisoti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリメンタケ(縮緬茸)
チリメンタケ
Trametes palisoti

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。子実体はコルク質,傘は径5~15cmで半円形または腎臓形でほぼ扁平,無柄,表面は白色または褐色,裏面は白色または黄白色で放射状の溝または迷路状の孔口がみられる。本種は南方系のもので九州,四国,和歌山県に産する。北方系のものにオオチリメンタケ T. gibbosaがある。これは表面が密短毛におおわれ,環溝が明らかにみられる点で異なる。広葉樹材の白腐れを起す害菌で,日本全土,ヨーロッパ,北アメリカ,中国に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android