コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンギス・ハン石碑文 チンギス・ハンいしひぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンギス・ハン石碑文
チンギス・ハンいしひぶん

現在知られているモンゴル語を記した最古の資料。 1818年モンゴルのブイル湖東方で発見。 1225年頃建立されたもので,チンギス・ハンの弟ジョチ・ハサル (フルン,ブイル両湖付近がその所領) の子イェスンゲ (移相哥) を記念する内容の二十数語から成る。モンゴル族がモンゴル語の書写にウイグル文字を利用しはじめてから約 20年後にあたる碑文。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android