コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンギス・ハン石碑文 チンギス・ハンいしひぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンギス・ハン石碑文
チンギス・ハンいしひぶん

現在知られているモンゴル語を記した最古の資料。 1818年モンゴルのブイル湖東方で発見。 1225年頃建立されたもので,チンギス・ハンの弟ジョチ・ハサル (フルン,ブイル両湖付近がその所領) の子イェスンゲ (移相哥) を記念する内容の二十数語から成る。モンゴル族がモンゴル語の書写にウイグル文字を利用しはじめてから約 20年後にあたる碑文。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android