コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンチロフサゴカイ チンチロフサゴカイLoimia medusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンチロフサゴカイ
Loimia medusa

環形動物門多毛綱定在目フサゴカイ科。体長 10~20cm。体は暗赤色または紅緑色で,体の前方が太く,後方へ細くなる。頭部先端には多数の糸状感触手がある。また体の前部には 17対の背足枝と 16対の腹足枝がある。潮間帯の石の下,岩の割れ目に生息する。太平洋,大西洋インド洋紅海に分布し,日本では南日本にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチンチロフサゴカイの言及

【フサゴカイ(房沙蚕)】より

… ニッポンフサゴカイThelepus setosusの管の中には多毛類の一種のナガウロコムシが共生している。チンチロフサゴカイLoimia medusaは福岡県や熊本県でドベムシとよび,釣餌虫に用いられる。またハナサキフサゴカイTerebella ehrenbergi,ツクシフサゴカイPista cristataなどもふつうに見られる。…

※「チンチロフサゴカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android