コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンフー(津滬)鉄道 チンフーてつどうJinhu xian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンフー(津滬)鉄道
チンフーてつどう
Jinhu xian

中国のテンチン (天津) 市とシャンハイ (上海) 市を結ぶ幹線鉄道。全長 1325km。 1908年シャンハイとチャン (長) 江南岸のナンキン (南京) との間に開通した滬寧鉄道と,12年対岸のプーコウ (浦口) とテンチンとの間に開通した津浦鉄道が,68年チャン江大橋で結ばれたもの。中国東部の人口稠密で農工業の発達した地域を通っており,貨客の輸送量が多い。 76年複線化が完成。テンチン市を経てペキン (北京) 市まで直通する列車がふえたため,この区間を含めてチンフー (京滬) 鉄道とも呼ぶ。シュイチョウ (徐州) 市でロンハイ (隴海) 鉄道と交わるほか,多数の支線があり,チャン江の水運とも連絡している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チンフー(津滬)鉄道の関連キーワードチヤオチー(焦枝)鉄道ロンハイ(隴海)鉄道シャントン(山東)省スーチョウ(宿州)市チヤンスー(江蘇)省アンホイ(安徽)省

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android