チープ・ガバメント(英語表記)cheap government

翻訳|cheap government

世界大百科事典 第2版の解説

チープ・ガバメント【cheap government】

安上りの政府の意味で,リトル・ガバメント(小さな政府)とも呼ばれる。国民の租税負担を低く抑えて,経済活動に干渉しない政府のありかたをいう。自由放任主義の時期における国家は,政府の活動領域に関しては夜警国家として特徴づけられるが,政府の財政面に関しては〈最小の政府こそ最良の政府〉であるとするチープ・ガバメントの形をとった。これは,自由放任主義の時期に最も強い政治的発言権をもっていたブルジョアジーが,自由な経済活動によって富を追求することを望み,政府の活動領域をできるだけ狭くして,租税負担もできるだけ低くすることを要求したためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチープ・ガバメントの言及

【財政】より

…いわば夜警国家であり,政府の役割はたしかに政府独自の機能であるが,しかし経済社会発展の主導力は民間部門にあるから,政府活動は必要最低限にとどめねばならない。事実,租税は民間に対する直接の干渉であり,政府は少ない租税収入で最小限度の役割を行うのが〈安上がりの政府cheap government〉であり,民間部門からできるだけ中立を守ることである。しかし現実には,たび重なる戦争で財政支出が膨張し,しかも租税だけでは足りず,各国とも膨大な対民間債務を背負うことになった。…

※「チープ・ガバメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android