コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツォップ様式 ツォップようしきZopfstil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツォップ様式
ツォップようしき
Zopfstil

美術用語。ドイツにおけるロココ後期 (→ロココ美術 ) から古典主義美術にいたる過渡期 (1760~80頃) の美術様式をさす。当時流行した Zopf (編み毛) にちなんで名づけられたもので,当時の想像力に乏しい無味乾燥な表現形式をいい,とりわけ工芸品や版画に対して用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android