コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキミソウ(月見草) ツキミソウOenothera tetraptera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキミソウ(月見草)
ツキミソウ
Oenothera tetraptera

アカバナ科の多年草で,メキシコ原産。草丈 50cm内外,全体は細かい毛でおおわれる。葉は互生し,披針形で,不整の深い鋸歯がある。夏,葉腋に大きな白い花をつける。夕方開き翌朝しぼんで紅変する。花弁は4枚あり,長さ 3cmほどで先端がへこんだ広い倒心臓形をしている。子房は下位につき花柱は高く花の上に突出し,柱頭は4つに分れる。 蒴果は倒卵形で,縦に4裂する。本種は嘉永年間 (1848~54) 頃に渡来し,観賞用に栽培されたが現在ではほとんどみられない。今日一般にツキミソウといわれるものは,いずれも黄色でのちに紅変する花をつける同属の別種でマツヨイグサ (待宵草) オオマツヨイグサ (大待宵草) アレチマツヨイグサメマツヨイグサなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツキミソウ【ツキミソウ(月見草) Oenothera tetraptera Cav.】

アカバナ科の二年草。メキシコ原産で,日本には嘉永年間(1848‐54)に渡来したといわれるが,現在ではほとんど栽培されていない。一般にいうツキミソウは本種ではなく,同属の帰化植物として広く分布する黄色花のマツヨイグサやオオマツヨイグサを誤称していることが多い。 高さ60cmぐらいとなり,まばらに分枝する茎を直立し,あらい鋸歯のある披針形の葉を互生する。茎葉には微毛がある。夏に,葉腋(ようえき)に白色4弁花を咲かせるが,夕刻より開き,朝にはしぼみ紅変する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツキミソウ(月見草)の言及

【マツヨイグサ(待宵草)】より

…アカバナ科の中では,葉がいずれも互生し,花が4数性,果実が蒴果であることを特徴とする。花は白色,黄色,紅紫色など種類によってさまざまであり,多くは夕刻に開き翌朝にはしぼむので,一般にはツキミソウと総称され,英語でevening primrose(夕闇のサクラソウの意)と呼ばれる。マツヨイグサの仲間は,古くから細胞学的な研究対象としても知られているが,細胞分裂に異常を生じやすく核型は多形であり,併せて雑種をつくりやすいこともあって外形的にも変化が大きく,分類はなかなか難しい。…

※「ツキミソウ(月見草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツキミソウ(月見草)の関連キーワードアカバナ科野村克也

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android