コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキヨタケ(月夜茸) ツキヨタケ Lampteromyces japonicus

2件 の用語解説(ツキヨタケ(月夜茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキヨタケ(月夜茸)
ツキヨタケ
Lampteromyces japonicus

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。夏秋の頃,ブナの枯れ木の上またはカエデの幹に生じる。新鮮な標本を暗所で見ると,その傘の裏面が発光するのがわかる。傘は初め球形であるが,生長すると半円形または腎臓形になって何枚も重なり合って伸びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ツキヨタケ【ツキヨタケ(月夜茸) Lampteromyces japonicus (Kawam.) Sing.】

担子菌類ハラタケ目シメジ科の毒キノコイラスト)。ひだに発光性があり,日本でもっとも中毒が多いキノコとして名高い。9~10月ごろ,本州ではおもにブナ,北海道ではイタヤカエデの枯木に群生する。かさは半円形,幅10~25cm余り,厚さ1~2cmで大型,横に太さ1~3cmの短い茎をつける。若いうちは全体に橙黄色~黄褐色だが,かさの表面はしだいに紫褐色~暗紫色になり,ひだは白くなる。肉は厚く,白色,無味無臭,ひだは幅広く,茎に下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のツキヨタケ(月夜茸)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…また後者には胃腸障害,神経系統をおかすものなどがあり,中毒症状もさまざまである。以上のことから見て,第1に致命的な猛毒菌としてドクツルタケ(シロタマゴテングタケを含めて),致命的ではないが中毒件数がとくに多いツキヨタケ,イッポンシメジ(クサウラベニタケを含めて),カキシメジ(マツシメジを含めて)などの見分け方を衆知すれば,日本のキノコ中毒者の数は現在の1/3~1/4に減るであろう。 ドクツルタケは日本における代表的猛毒菌で,茎の根もとに袋状のつぼがあり,上の方に膜質のつばがある。…

※「ツキヨタケ(月夜茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツキヨタケ(月夜茸)の関連キーワードイッポンシメジ(一本占地)カキシメジ(柿占地)タモギタケホンシメジ黄占地シメジシロタモギダケスギヒラタケナラタケハラタケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone