コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネウツギ(衝羽根空木) ツクバネウツギAbelia spathulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツクバネウツギ(衝羽根空木)
ツクバネウツギ
Abelia spathulata

スイカズラ科の落葉低木。本州,四国,九州北部の山地に多い。葉は長さ3~5cmの卵形で,上半に波状の鋸歯があり対生する。5月頃,枝先に数個の黄白色の花をつける。花冠は筒状の鐘形で,基部は細くくびれ先端は広がって5つに浅く裂ける。5個の大きな萼片があり,花後も残存して羽根つきの羽根に似ており,また木の形がウツギに似ていることからこの名がある。大正年間に輸入された近似種のハナツクバネウツギ A. grandifloraは中国産の種類をもとに交配された園芸種で花期が長く,庭木や植込みなどに広く栽植されている。雑種であるため萼片の数が2片,3片,4片などまちまちである。近頃は市街地高速道路のグリーンベルトの植込みに好んで使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone