コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツタウルシ(蔦漆) ツタウルシRhus orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツタウルシ(蔦漆)
ツタウルシ
Rhus orientalis

ウルシ科の落葉性つる植物。日本,千島南部およびサハリンに分布し,山地に生えて茎は長く他物にからみつき,多数の気根を出す。葉は3出複葉で長い葉柄があり,小葉は卵形ないし楕円形で長さ 10cmあまりある。葉裏の脈の分岐点に褐色毛を生じる。秋に美しく紅葉する。初夏に,葉腋円錐花序をなして黄緑色の小花を多数つける。雌雄異株で,萼は5裂し花弁は5枚。雄花にはおしべ5本だけ,雌花にはおしべ5本とめしべ1本がある。果実は小型の球形で淡黄色をなし光沢がある。日本産のウルシ属のなかでは最も毒性が強くかぶれやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツタウルシ(蔦漆)の関連キーワードウルシ科

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android