コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツダルスキー Zdarsky, Matthias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツダルスキー
Zdarsky, Matthias

[生]1856.2.25. トゥシェビーチ
[没]1940.6.20. ザンクトペルテン
オーストリアのスキー教師。短いスキー板と 1本杖で舵とりや回転制御を行なうスキーを考案し,アルペンスキーの開祖とされる。1897年,初の教本『リリエンフェルトスキー滑降術』Die alpine Lilienfelder Skifahrtechnikを出版,一方のスキー板を最大傾斜線(山側から谷側への勾配)に対し鋭角に置く技術を紹介した。曲がりたい方向に一方の板を開き出し,もう一方の板をすばやく並行に引き寄せるシュテムターン(シュテムクリスチャニア)という回転技術を開発。またスキー板のデザイン,ビンディング(板に靴を固定する金具)の改良,滑降レースの運営なども行なった。雪崩に巻き込まれて 80ヵ所を骨折・脱臼するけがを負ったことをきっかけに,不自由な体でも滑れるスキー用具を考案した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツダルスキーの関連キーワードテオドール・E. レルヒオーストリアスキーレルヒ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android