コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチガエル(土蛙) ツチガエルRana rugosa

世界大百科事典 第2版の解説

ツチガエル【ツチガエル(土蛙) Rana rugosa】

日本で俗にイボガエルとも呼ばれるアカガエル科カエルイラスト)。本州四国,九州,屋久島朝鮮半島に分布し,小川,池,水田や少し汚れた溝にもふつうに見られるが,じみな体色であまり目だたない。体長は雄3.5~4.5cm,雌6cmほど。体背面には多数のいぼ状隆起があって,四肢では顕著な隆条となる。幼生の多くは越冬し,全長8cmに達するものもある。繁殖期は5~8月ごろで一度に1000個ほどの卵を水草に産みつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android