コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチフキ(土吹) ツチフキ Abbottina rivularis

1件 の用語解説(ツチフキ(土吹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツチフキ【ツチフキ(土吹) Abbottina rivularis】

別名ドロモロコ,スナモロコ。コイ目コイ科の淡水魚。分布地は日本(原産地は近畿以西の本州,九州),朝鮮半島およびアジア大陸の東部など。近年は関東平野などでも繁殖している。これはコイやフナなどに混じって移殖されたものと思われる。平野部の浅い沼や池,河川敷の水たまりなどの泥底にすむ。形はカマツカに似るが,カマツカよりも小型で成魚の全長は雄8.5~11cm,雌7~8.5cm。体はカマツカよりも太く短い。産卵期は4~5月で特異な産卵習性をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツチフキ(土吹)の関連キーワードカワバタモロコイロコイ諸子諸腰玉蜀黍色まどろこ・いまどろこし・いまどろっこ・いトウモロコシ油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone